人気の美容外科・目白ポセンシアクリニックを徹底的に調べました!

HOME » 目白ポセンシア3大特徴 » 2.パーソナル・デザイン法

2.パーソナル・デザイン法

目白ポセンシアの美容整形は、ただ患者さんの要望に応えるだけではありません。性格や仕事内容、ファッションの好みなどに合わせて、本当にその人に合った顔を作ってくれるのです。

目白ポセンシアの評判をチェックする

顔立ちだけでなく、性格や職業に合わせたデザイン

例えば、二重にしたい女性がいるとします。同じ二重を希望していても、「変化が分からない程度」「とにかく華やかなパッチリ二重」というように、細かい要望には違いが出ますよね。

こういった場合、形成外科の分野では、顔の黄金比に基づいて「こうするべきだ」と治療を提案をするのが一般的。

しかし、目白ポセンシアクリニックの永久院長は、そのような常識に終わらず、さらに1歩先を見てくれます。

永久院長は、アメリカで学んだ心理学の知識を生かし、「おとなしい性格の人があからさまなパッチリ二重にすると、周囲は魅力よりも違和感の方を強く感じる」というように、それぞれのバックグラウンドを分析して、1人1人に本当に合った整形法を提案してくれるのです。

こうして人間心理から顔のつくりを考えてもらうと、「いかにも整形しました」というような不自然な顔になることを防げます。

もちろん、ただのアドバイスであって、患者さんが望む治療を受け付けない、ということはありません。

しかし、専門家のアドバイスを1度きちんと受けて、自分がなりたい顔について冷静に考えることは、決して無駄なことではないと思います。

腫れが少なく、社会復帰が早い手術

「オペをした部分の腫れが目立たず、他の人に気付かれない」「仕事があるから社会復帰が早いほうがいい」。このような理由で、永久院長のもとを訪れる患者さんはとても多いそうです。

永久院長のオペは、他院より2~3倍時間をかけて、丁寧に行われます。さらに、ドライメソッドというオリジナルの麻酔術で、腫れが少なくなるように心がけています。

麻酔の痛みを恐れいている人も多いと思われますが、実際手術を受けた方の麻酔の感想は、「思っていた程じゃなかった」「チクッとした程度」というものがほとんど。

手術後は、専用スペースでゆっくり休みながらのクーリング(冷却)で腫れを抑えることができ、また、内出血や腫れを抑えるために鍼治療なども用意されています。

これら一つ一つのユニークな工夫が、「腫れが少なく、社会復帰がスムーズ」という美容整形の常識を打ち破る評判を支えているのです。